本文へ移動

墓じまいとは?

墓じまいとは
お墓じまいとは?|施工前
施工前
お墓じまいとは?|施工後
施工後
20代~40代の若い世代がお墓で供養したいと考えている。
日本のお墓の歴史
多いところでは、お墓が30本を超える家も・・
お墓を守っていく事が困難な時代になってきた。
日本のお墓の歴史

② 家族や親族へ配慮

家族や親族へ配慮
墓じまい 35%がトラブルに遭遇!! 6人に1人は「親族間トラブル」を経験!!
4人に1人が「離檀料」が予想を超える金額に!!
後悔しない墓じまいをする3つのポイント
~意外と多い親族間のもめ事~
  1. 家族だけでなく親戚などにも配慮する
  2. ご遺骨の次の行き場所を考えるには、今後の供養をどうするかという視点で考える
  3. 生前にしっかり話し合っておく

③ お骨の行き場所を考える

お骨の行き場所を考える
預ける施設や形態によって、お骨の受託方法がちがう。
  • 年数を決めて骨壷で供養してもらう方法
  • 合祀(ごうし)で供養してもらう方法
  • 骨壷で供養してもらう方法
どんな供養を選択するのか

④ どの業者に頼むか

どの業者に頼むか
墓じまいの落とし穴 後悔しないために
施主様と同じ目線で考えられる石材店
不要なお墓はひとつもない!!
墓じまいの本当の意味を知ること!!

⑤ 墓じまいが終わって・・・  

墓じまいが終わって・・・  

多くの方が墓じまいの後、抱える不安 

  • 故人はこれで喜んでいるのか・・・
  • 先祖代々のお墓を自分で無いものに・・・
  • 新墓なしだと子どもたち、孫は困らないか・・・
 
 
本当にこれでいいのか不安
ご先祖に対しての罪悪感
 お墓がなくてわびしい

⑥ 決断するまえに  

決断するまえに
後悔しない墓じまいをするために重要な事
墓じまいには、幾通りの選択や方法が
ある事を知っておく必要がある!
どんな供養を選択するのか
TOPへ戻る